露出と階調

僕は基本、JPEG撮って出しが多くて、
それは、かつてリバーサルフィルムで撮っていたときのように、シャッターを押すまでの前提条件(カメラ・レンズ・フィルム)を決めたら、撮ったあとであれこれ弄らない(弄れない)、
あるいは、フレーミングにしても、自分が「感じた」ときその部分を切り取るから、あとから極力トリミングはしない、
という僕なりの主義がいまだに生きているせいだろうと思う。

露出に関しても、本当は、意図があって決めた最適な露出は1つである・・・と思いたいのだが、さすがに1カットだけで決めてしまうことは勿体なくて、何段階かに振って撮る。
フィルム時代は、なるべくお金を掛けないように段階露出は控えめにしていたが、デジタルになってからはタガが外れたように撮ってしまうことがある。(笑)

デジタルではモニタ表示を判断材料にすることが多いけど、露出に関しては正確に判断できないから、逆に変な情報がインプットされてしまって、以前から身についていた露出感覚をズタズタにされているような気もする。
「このシチュエーションでは補正これくらい」という「感覚」は大事にしたいものだ。

この写真、お寺の境内を歩いていて甍越しの空にハッとして、シルエットが良いと思ったけれど、露出の見当が付きにくかったから何段階も撮ったうちの1つ。
太陽の光がほんのりと暖かい色を雲に反射させているのが分かる辺りの露出が一番素敵だなと思った。
シルエットの中にも階調を持つ部分があると奥行きが感じられると思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*