OM-D と歩く旧居留地

OM-D にもすっかり慣れて、ほぼいつもJPEGで、好きなモードで撮っている。
Naturalモードとは早い段階で決別し(笑)しばらくPortraitで撮っていたものの、いまいち納得がいかず、最近では i-Finish の「弱」に落ち着いているところ。コントラストは1段、下げている。
i-Finish は鮮やかなところをより鮮やかにしてくれる感じで、つまりは彩度の低いところはそのままにしてくれている感じだから、とても都合の良いモードだと、自分としては評価している。

 

オリエンタルホテル

ちょっと鮮やかすぎるかな(?)っていう微妙な部分で・・・
でも人によってはそのくらいで丁度良いって思えるかも知れない。

 

旧居留地

なんというか、その場に居た時の印象を、素直に写してくれるようなところが、とても気に入っている部分。質感とか、生きている感じとかいう、微妙に粘っこい感じがあるけれど、決して悪い印象ではないレベルで綺麗に収まっている気はしてる。

 

大丸前

これはモードにもよるけど、明るい感じも、暗い感じも、それなりに無理なく自然に表現してくれるのが良い。シャープな被写体を撮っても柔らかく表現されてる。(レンズのせいかな?)

 

旧居留地

一番気に入ってるのは、青空と雲の描写。
色が非常に見た目に近いと感じているんだけど、どうでしょう?

旧居留地は好きな街なので、よく撮りに出かける。
続けて行くと飽きるときもあるけど、また撮りたくなったりして、とても素敵な街。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*